野球

今日、イチロー選手が日米通算安打を3086本目を打って
張本勲氏の持つ日本プロ野球最多記録を塗り替えた。

イチローすごい。
オレ、イチロー好き。
孤高のカリスマ。

チームがどん底の状態でも、自分のモチベーションは
絶対に下げない。 腐らない。
この、折れない心もスゴイ。

彼ら、トップアスリートはメンタルトレーニングというものを
取り入れているようだ。
アスリートがやるメンタルトレーニングってどんな事すんだろ?
ちょっと興味ある。

そして、彼にもルーティンがあるようだ。
まず思いつくのが、バッターボックスに入った時の例のヤツだ。

しかし、主にテレビに映ってんのは、ソコだけで、ホントは、
その前のネクストバッターサークルから既に始まってる。
もっと言えば、ベンチで待機している時。
さらにもっと言えば、スタジアムに入った時から始まっているらしい。

スタジアムに到着すると顔つきまでビッとする。
ベンチからグランドに上がる時、3~4段の階段を
どっちの足から上がるか、までもが決まっている。

見方を変えれば、『神経質』 と取られるが、よく考えれば
どんな小さな事でも誰しもが必ずあるはず。

オレもある。

オレの場合、ルーティンだらけかもしんない。
ほとんどが一人でこなす仕事が多いため、必然的にそーなった。
そして、神経質でもある。

だから、イチローの発言とか、共感できる事が多い。

ガキの頃、野球小僧だったし。

手製の、自前のバットも持ってた。

オレには兄がいるんだが、ある日、兄ちゃんに 『風林火山』
と手製バットの芯の辺りに書かれた。

風林火山…武田信玄を連想するだろうが、そっからきてない。

ピンときた人はアラフォー世代かも?(*^_^*)

そう、車田正美の漫画。 セイント聖也とか書いた人。
タイトル忘れたんだけど、不良学生?だったかな?各校の番長?
だったかが、みんなそれぞれ『聖剣』なるものを所持している。
長ドスとか、サーベルじゃなく、みんな木刀なんけどね(*^_^*)

その内の一人が 『風林火山』 と書いた木刀を所持して闘ってた。

そっからきてます。

あのバット、ホント神通力あったよ。
ばっこんばっこん飛ばしたもん。

まぁ、元は、当時住んでた近所の建具屋かなんかにあった
ただの材木。
昼間っから堂々と柵乗り越えて侵入して、何十本もある中から
吟味し厳選して…無断で持ち帰る。
いわゆるパクッた(;一_一)

そして、何の根拠もなく
「しっくりくる…」
当時、小学3年くらいのクソガキ(;一_一)

んで、ゴムボールだから、当然よく飛んだよね。
変化球投げれば鋭く曲がる!

甲子園いけると錯覚したよ。

しかし、イチロー選手の努力を見てハッキリ自覚した。

野球に関しては、ただの凡才(T_T)/~~~

by   at 22:56
トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

トラックバックはありません

コメント

コメントはありません

コメントを書く




保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30